札幌西区にある整体院はぐくみブログ 【日本人向けトレーニング】

2020/11/27 ブログ

札幌市の西区にある整体院はぐくみのブログをいつもご覧いただき誠にありがとうございます!

 

 

 

はいどーも。

 

札幌西区にある整体院 はぐくみ 院長【のむ】です。

 

 

ここ最近毎日ブログ更新しておりますが、

みてくれているみなさま、本当にありがとうございます。

 

そろそろ・・・毎日更新もストップするかもしれません・・・。笑

 

 

さ、今回は

『日本人に合っている運動について』

 

 

またマニアックな内容に飛び込んでしまいました。笑

 

 

今回の内容の捉え方によってはかなり敵をつくることになるかも・・・・・・・・・・・・笑

 

 

攻撃的なわけではありませんよ???

あくまで一つの考え方ですから!!笑

 

 

さてと

内容に入ります。

 

 

近年、トレーニングや運動の方法については新しいものが

たっっっっっっっっくさん出てきていますね。

 

〇〇エクササイズ

〇〇トレーニング

(あげだすとキリがないので・・・)

 

ただ良いよ!ってだけでなく、科学的な根拠に基づいているトレーニングなども出てきちゃってるもんだから、世の中すげぇなぁ・・なんて思っています。

 

「科学的根拠」

セラピストの業界ではEBMなんて言葉を使います。

「EBM=根拠に基づいた医学」となっているわけですね。

 

今の西洋医学のほとんどはここをベースに考えられている部分なのではないでしょうか。

 

患者さんに説明をする際や方向性を決める上で、とても大切な部分ですよね。セラピストの方は痛いほど理解している部分かと思いますが。。

 

でね、何を言いたいかっていうと

本当に良いトレーニングはたっくさんあるよ。

でもね・・・・・・

 

 

ってところなんです。

 

ちょっと考えてみて欲しいんですが、

今の現代の日本人と

戦国時代、昔の日本人

どちらの方がカラダの使い方や強さがあるでしょうか???

 

いや確かにね、個体差はあります。

 

でも・・・カラダがうまく使えない

ということが死に直結する戦国時代では

自分のカラダがいかにうまく使えているかを気にする

繊細さが段違いだったと思うんです。

生死が関わる

すなわち、カラダやココロのコントロールが

現代よりも遥かにシビアである

ということがわかります。

 

と、すると・・・

昔の武士さん達が行っていた鍛錬の方法は

日本人のカラダにとってかなり有効なんじゃないかと思えるわけです。

 

その中でも、以前「子供のストレス解消法」のブログにもあげましたが、

昔の遊びは本当にカラダを強くするトレーニングとして最適なんじゃないかなと思うわけです。

(当然現代のトレーニングもかなりいいですよ。)

 

・竹うま

・下駄

・あやとり

・めんこ

・吹き矢

・手押し相撲

 

これらの遊びに共通するのは

『コツが必要』ということです。

 

コツやカラダの使い方次第で上手さがかなり変化するものですね。

シンプルだけどちゃんとカラダを使えないとできないものばかりなんです。

 

昔はただの遊びでしたが、これらの遊びをやった後は

なんか痛みが取れていたり、

普段の動きがよくなったり、

思わぬ副産物が得られることが多いんです。

(私もよくやります。)

 

 

なので、当院では運動指導などでは

昔の遊びや古武術の観点などからヒントをもらって運動をお伝えさせていただいたりしています。

 

ゲームやパソコンなどが溢れている時代だからこそ

昔の時代に触れるということも大切なんじゃないかなぁ・・・

と思う今日この頃です。

 

 

自分で色々コンディショニングをやるのが先決

それでもなんだか調子がよくならないなぁ・・・・という人は

ぜひ

札幌西区にあるココロとカラダの整体院 はぐくみへ

一度お気軽にご相談くださいませ😊

 

全力でサポート致しますよー!!💪

 

 

それでは今日はこの辺で☺️

 

 

院長『のむ』でした😊